選択できるのが個人再生

破産で持っている借り入れに関しその保証人が存在する場合は事前に話をしておいたほうが無難です。ライザップ 千葉

改めてお話ししますが、保証人となる人物がいるときは、破産の前によく検討するべきです。ライザップ 池袋

今あなたが破産手続きを出して受理されれば保証人がその義務を払う義務があるからです。

ですので、破産宣告前にあなたの保証人に過去の詳細とか現状を報告しつつ謝罪の一つも述べなければなりません。

そういったことは保証してくれる人からすれば当然必要なことです。

友人等のあなたが破産宣告するのが原因で、強制的に多額のローンがふりかかることになるのですから。

それで、以後の保証人である人の取るべき選択ルート次に示す4つです。

まず1つめですが保証人自身が「みな返済する」というものです。

保証人となる人がいきなり何百万円もの債務をポンと返済できるほどのお金を用意しているならば、この方法が選択できます。

ただむしろあえて破産宣告せずに保証人となる人に借金してあなたはその保証人に月々の返していくという解決策もあるのではないかと思います。

保証人がもしあなた自身と関係が親しいのなら、いくらかは弁済期間を延期してもらうことも問題ないかもしれません。

また耳をそろえて返金ができなくとも相談により分割での返金に応じる場合も多いです。

あなたの保証人に自己破産を行われてしまうと、お金が一銭も返ってこないリスクがあるからです。

また保証人が負債をすべて支払う経済力がないなら、借金した同じようにどれかの借金を整理することを選ばなければなりません。

2つめが「任意整理をする」ことです。

この手順では貸した側と話し合う方法により、5年ほどの期日で返済する方法になります。

弁護士などにお願いするにあたっての相場は債権1件につき4万円。

合計7社からの契約があるとしたらおよそ28万円必要になります。

確かに貸した側との交渉を自分でやることも不可能ではないかもしれませんが法的な経験と知識がない方だと相手があなたにとっては不利な案を投げてくるので、注意しなければなりません。

ただ、任意整理をする場合は保証人にカネを立て替えさせることを意味するわけですから、あなたもたとえ少しずつでもあなたの保証人に返済していくべきです。

さらに3つめは保証人となる人も債権者と同様に「破産を申し立てる」という方法です。

保証人も借金した人と同じように破産宣告すれば保証人となる人の義務もなくなります。

しかし、住宅等の不動産を所有している場合は価値のある財産を没収されてしまいますし、税理士等の職についている場合などは影響があります。

そのような場合は、個人再生制度を検討するといいでしょう。

最後に4つめですが「個人再生という制度を利用する」ようにします。

住宅等の不動産を処分せず負債の整理を希望する場合や、破産申告では資格制限にかかる職に従事している場合に選択できるのが個人再生による整理です。

これなら住居する不動産は残りますし破産宣告の場合のような資格に影響する制限が一切ありません。

コンテンツメニュー

    Link