www.godvalley.net

自己破産の申告をしてしまうと周囲の人々に秘密が明らかになってしまうのではないか…と人に知れることが怖いと真剣に感じられている人も少し冷静になって頂きたいのですが、自己破産を実行しても公的な機関から勤め先に書類がいってしまうことはあり得ないので、一般的なケースにおいては知られてしまうということはないでしょう。あるいは、一般的な状況では自己破産というものの申請の後ならば借りた会社から会社の上司に催促の書類が送られるようなことはないでしょう。ただし、自己破産による債務整理の申立てを司法機関に対してするまでの時間は借りたところから自分の部署に電話がかかることもないとは言えませんのでそのような原因で知られてしまうといった事態が考えられますし給金の押収を行われてしまうと当然、上司に知られてしまうことになってしまうのです。こういった不安が尽きないのならば、専門の司法書士あるいは弁護士などの専門家に自己破産手続きの実行を頼んでみることを検討してみるのがよいと思われます。専門の司法書士ないしは弁護士などといった専門家に任せるケースだと、すぐに全借りた会社に受任したことを知らせる書面を送りますが、こういった受任通知書が到達した以降は債権者が借り手本人に対して直接督促を実行してしまうことは違法とされておりますから会社の上司に事実が知れ渡ってしまうことも考える必要がありません。さらに、自己破産手続きにより現在の勤め先を退かなければいけなくなってしまうのかどうか、という不安にお応えしますと戸籍謄本又は住民台帳に記されてしまうなどということはまず考えられませんので通常の場合だとするならば会社の人間に秘密がばれてしまうことは考えられません。たとえ自己破産手続きをしたことが会社の同僚に事実が知れ渡ってしまっても自己破産というものをしたからといって会社をクビにすることはできませんし、辞職するといったことも全然ないと言えます。それでも、自己破産の申告が会社に露見してしまうことで、居づらくなってしまい自主的に辞職してしまうことがしばしばあるのも一方では事実と言えます。給金の仮押えに関しては強制執行等の規則を定める民事執行法内で差押禁止債権という名目の中に賃金・給料といったものについて規定しており、それらの金に関しては25パーセントという上限までしか差押えを許されてないのです。よってそれ以外の75%を回収をするといったことは無理なのです。また、民事執行法の範疇で、スタンダードな社会人の最低限必要な必要経費を定めて政令で目安(三三万円)を設定しています故それを下回るケースは25%しか強制執行されないように規定されています。ですから債務を負った人がその金額以上の給与を得ているのであれば、それ以上のお金においては全て接収することができると定められています。しかし破産について定められた法律の変更によって弁済に対する免責許可の手続きがあり自己破産申請と同時に免責が決まる同時破産廃止といったものが確実になり自己破産申請の完了がなされていれば、借金の免責が決定し確約されるまで、破産した人の財貨について強制執行・仮差押・仮処分などの実行が執行出来なくなり、これより前に執り行われた強制執行などについてもストップされるというように変わりました。加えて、免責の認定が確定ないしは決定した場合には時間をさかのぼって行われていた仮処分などといったものは効力を消失するのです。

コンテンツメニュー